意外と知らなかった!?虫歯予防とカルシウムの深い関係とは?

虫歯予防

carusiumu

歯はカルシウムでできている

私達が毎日美味しい御飯を食べる事に欠かせない歯ですが、歯の主成分を知っていますか?

歯の主成分はカルシウムとリンが主成分となっています。つまりカルシウムとリンをきちんど食事から摂取する事で歯を強くする事ができるのです。

特にカルシウムについては現代人はカルシウム不足になっている人が多いと言われるぐらいに不足しがちな栄養素です。その為カルシウムは気をつけて摂取する事が重要です。

虫歯を治す歯の「再石灰化」とは

私達の唾液の中には初期の虫歯なら治してしまえる凄い力があります。虫歯菌は酸を出して歯の表面を溶かしてしまいますが、唾液はとけた歯の表面にカルシウムとリンを補給して初期虫歯を治してしまいます。

この時にカルシウムの摂取不足だと十分に再石灰化の力を活用する事ができません。つまり唾液による虫歯予防効果が薄れてしまう結果になりかねません。

歯の「再石灰化」を助ける為にカルシウムを摂取しよう

一昔前に比べると日本人はカルシウムが不足しがちになっていると言われています。それは昔と今とでは食生活が変わったからだと言う意見もあります。

カルシウムが沢山含まれる食べ物とは?

実際問題、カルシウムが多く含まれる食材には、小魚や海藻や野菜類などが挙げられますが、いずれの食材も現代人にとって不足しがちなものになっています。

【カルシウムが多く含まれる食材】
・ししゃも
・プロセスチーズ
・あゆ
・干しえび
・カマンベールチーズ
・煮干し
・えびの佃煮
・ひじき
・厚揚げ
・ケール
・パルメザンチーズ
・小松菜
・えんどう豆
・めざし

上記一覧を見て頂ければ分かりますが、チーズ類が以外とカルシウムが多い食材である事が分かります。あとは魚類、海藻、野菜などがカルシウムが多いと言えそうです。

カルシウムを吸収しやすい環境をつくる

カルシウムをきちんと体に吸収する為には、カルシウムを摂取するだけでは不十分です。なぜならば、カルシウムを沢山摂取したとしても、体の受け入れ体制がしっかりしていなければ、摂取したカルシウムはそのまま排泄されてしまうからです。

具体的にカルシウムを吸収しやすくする為には、主に3つの条件が揃っている必要があると言われています。それは「日光に良く当たる事」「運動をする事」「十分な睡眠をとる事」です。

つまり規則正しい生活と、バランスの良い食生活をする事が虫歯予防につながると言えるようです。


PAGE TOP