虫歯や虫歯菌は親から子供へうつる!特に気をつけるべきは3歳まで!

虫歯について

musibakin

生まれた赤ちゃんは虫歯菌を持っていない

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因である虫歯菌を持っていません。では虫歯菌どのようにして赤ちゃんへうつってしまうのでしょうか?

それは多くの場合は親から赤ちゃんへ虫歯菌がうつってしまうの現実です。ではどのよにして両親から赤ちゃんは虫歯菌はうつってしまうのでしょうか?

虫歯菌がうつるのは大人の責任?

「虫歯菌がうつるのは親の責任である」という言葉がありますが、それは何故なのでしょうか?それは親が気をつけていれば虫歯菌はうつることはないと考えられているからです。

では実際には虫歯菌はどのようにして大人から子供へうつってしまうのでしょうか?それは日常生活の様々な場面でうつると考えた方が良いでしょう。

具体的には食事の際にうつる事が非常に多いようです。

【虫歯菌がうつる場面】
・口移しで食事を与える時
・キスをした時
・親と子供で同じスプーンや箸を使った場合
・親と子供で同じ食器やコップを使った場合

3歳までが虫歯菌がうつりやすい時期?

虫歯菌は生まれてから3歳までが一番うつりやすいと言われています。その為3歳までは虫歯菌がうつらないように特に気を使う必要がありそうです。

虫歯菌がうつるのは100%予防できない

虫歯菌の多くは家族の間でうつると言われていますが、必ずしもそうとは限りません。近い場合だと祖父や祖母、親戚からうつる場合もあるでしょう。

また保育園や幼稚園に通っている場合には、保母さんからうつる場合も考えられます。このような虫歯菌の感染のリスクをまったくゼロにはできない所が虫歯菌の予防の難しい所と言えるでしょう。

口の中の虫歯菌を減らす方法もあります

例えば赤ちゃんや子供へ虫歯菌がうつってしまった場合でも、口の中の虫歯菌を減らす対処法を実行すれば虫歯になるリスクを最低限に抑える事ができます。

例えば今話題の世界初の虫歯予防成分である「BLIS M18乳酸菌」の入った歯磨き粉を使用する事で、口の中の虫歯菌を減らして虫歯を予防する事が可能です。


PAGE TOP