歯磨き粉は研磨剤なしが安全!フッ素よりもオーガニック成分で虫歯を予防!

それでも使い続けますか?歯磨き粉に含まれる研磨剤・化学成分の危険性

◎歯磨き粉の研磨剤が逆に「虫歯になりやすい」って本当?

現在販売されている歯磨き粉には当然のように「研磨剤」が使用されています。ではこの「研磨剤」は実際にはどのような働きがあるのでしょうか。

「研磨剤」は歯の表面を削る事で、歯の表面の汚れを落とし「虫歯予防」や「歯を白くする効果」があると言われています。

ですが、実際には歯磨き粉に含まれる「研磨剤」によって「虫歯になるリスク」が高くなる事が分かっています。その理由は私達の歯の構造を知ると分かります。

歯の表面は硬いエナメル質で覆われており、その内部にある象牙質(エナメル質よりも柔らかい素材)を守っています。つまりエナメル質を研磨剤で削れば削る程、象牙質が露出する確率が高くなり虫歯になりやすくなるのです。

その為、最近では研磨剤の入っていない歯磨き粉が見直され始めています。特に子どもの歯は大人の歯に比べて柔らかい事もあり、研磨剤の入った歯磨き粉では歯の健康を損なう恐れがあるのです。

◎研磨剤だけじゃない「歯磨き粉の体に悪い成分」とは?

しかし、実際には歯磨き粉に含まれる成分は、研磨剤だけが人体に有害な訳ではありません。最近では市販の歯磨き粉に含まれている「合成界面活性剤」の危険性が指摘されています。

本来この「合成界面活性剤」は石鹸や洗剤に含まれている成分で「汚れ落ちや泡立ちを良くする」目的で使用されています。そして市販の歯磨き粉の多くの製品にも、同じ効果を期待して「合成界面活性剤」が使用されているのです。

ですが、この「合成界面活性剤」は舌の表面の「味蕾(みらい)細胞」を傷つける事が分かっています。この味蕾細胞は食べ物の味を感じる為の細胞です。つまり味蕾細胞が傷つくと味覚に障害が出るリスクがあるのです。

確かに、歯の汚れを落とす事は重要ですが、元々歯を磨くのは美味しく食事をする為でもあります。それが歯磨きをする事で味覚に問題を抱えてしまっては、まさに本末転倒と言う他ありません。

また市販の歯磨き粉は、ほとんどの場合は練り歯磨き粉(ペースト状)です。実はこのペースト状にする為には歯磨き粉に多くの水分が含まれている必要があります。結果として歯磨き粉が腐らないように防腐剤や酸化防止剤の添付が必要になってきます。

防腐剤は物を腐らせないという点では効果が高いと言えますが、言及するまでもなく体には悪い成分です。

◎研磨剤など、化学物質に頼った歯磨き粉でないと虫歯予防はできないの?

先ほどご紹介したように、歯磨き粉は虫歯などを予防する為に実にさまざまな化学成分が含まれています。この点については「歯磨き粉に化学成分が含まれているのは、虫歯予防の為に仕方がない」と考える方もいるかもしれません。

ですが、実際には自然界には虫歯予防の効果が高い安全な成分が存在します。例えば、世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」がそれにあたります。

この「BLIS M18乳酸菌」は「歯磨きをしなくても虫歯にならない人(全世界の中で2%)」の口の中から発見された虫歯予防の成分です。

そして「ブリアン歯磨き粉」は、この世界初の虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」を使用した日本で初めての歯磨き粉です。

ご存じの通り乳酸菌は私達の腸内に存在するような、一般的な微生物です。また、乳酸菌はヨーグルトや漬物などの食べ物の中に存在するものなので、体内に入っても全く問題ありません。

また、ブリアン歯磨き粉を使用する事で「虫歯にならない人」と同じ口内環境に近づくので、時間の経過と共に虫歯になりにくい体質になるのです。

 

burian_botan
無添加で安全な歯磨き粉を使いたい方にお勧め!

 
※大人用ブリアンは近日発売予定です。

フッ素の危険性と安全な虫歯予防の成分とは?

最近では、フッ素の虫歯予防効果は非常に有名です。ですが同時にフッ素は人体への危険性が指摘されている事をご存知でしょうか?

ある海外の研究ではフッ素が脳細胞を破壊する可能性がある事が発見されました。

多くの有害な化学物質は口の中から体内に入ると消化器官で吸収され体内に蓄積する性質があります。ましてや歯磨き粉は毎日何回も使用するものです。それを考えると、フッ素入りの歯磨き粉は安全性に疑問が残ります。

このような問題点が指摘されると、自然と話題となるのが「フッ素に変わる、安全な虫歯予防成分」です。そこで今注目されているのが先ほどご紹介した世界初の虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」なのです。

ブリアン歯磨き粉の「BLIS M18乳酸菌」は元々人の口の中から発見された口内善玉菌なので安全性の面でも安心です。

また「ブリアン歯磨き粉」は「BLIS M18乳酸菌」の効果を高める為に口をゆすがない仕様になっています。その為に「ブリアン歯磨き粉」は飲み込んでも安全な無添加成分を使用しています。つまり現在市販されている一般的な歯磨き粉とは違い、本当の意味で飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉なのです。

特に赤ちゃんや小さなお子さんの場合には「クチュクチュうがい」ができない場合もあるので「ブリアン歯磨き粉」は赤ちゃんや子供にピッタリの歯磨き粉と言えるでしょう。

そして、赤ちゃんや小さなお子さんに安心な歯磨き粉であれば、大人やお年寄り等、どんな方にも安心してお勧めできる歯磨き粉でもあるのです。

つまり「安全で、しかも虫歯予防の効果が高い歯磨き粉」という面で人気なのが「ブリアン歯磨き粉」なのです。

 

burian_botan
無添加で安全な歯磨き粉を使いたい方にお勧め!

 
※大人用ブリアンは近日発売予定です。

オーガニックの歯磨き粉が注目されている理由とは?

最近では、健康ブームの影響で歯磨き粉もオーガニックの商品が求められるようになってきました。

なぜならば、歯磨き粉の安全性とは別に、市販の歯磨き粉の「殺菌による虫歯予防」を疑問視する人が増え始めているからです。

というのも、今までの歯磨き粉は歯磨きをして、口の中を殺菌する事を重視してきました。ですが、口の中を殺菌すると虫歯菌と一緒に「口内善玉菌」まで殺菌してしまうという問題が発生します。ちなみに「口内善玉菌」は口の中の環境を整えてくれる大切な微生物です。

例えば、私達の腸内にも善玉菌と悪玉菌が存在し、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が腸内環境を整えてくれています。このような「腸内善玉菌」と同じように「口内善玉菌」も私達の口の中の環境を整える働きをしているのです。

また「口内善玉菌」は「口内悪玉菌」の数が増えるのを抑制する働きもあります。

つまり、歯磨き粉によって大切な「口内善玉菌」まで殺菌するという事は、口内の環境バランスを崩す大きな要因となるのです。また実際に歯磨き粉で歯磨きをすると口内炎になりやすいと訴える人は以外と多いものです。

このような理由から、最近ではオーガニックな歯磨き粉が注目されています。そして、オーガニックな歯磨き粉として現在注目されているのが「ブリアン歯磨き粉」なのです。

この「ブリアン歯磨き粉」は虫歯の原因である虫歯菌を減らす効果がある事が分かっています。実は口内の細菌の総量は常に一定数で保たれているので「ブリアン歯磨き粉」に含まれる「BLIS M18乳酸菌」が口の中で増える事で虫歯菌を減らす事ができるのです。

それに対して、現在市販されている歯磨き粉は、歯磨き後一時的に口の中を殺菌する仕組みでした。つまり一般的な歯磨き粉は歯磨き後の一定時間しか虫歯予防の効果が期待できないのです。

つまり、市販の歯磨き粉の使用は虫歯の問題を一次的に回避する「場当たり的な対処法」であると言えます。これに対しブリアン歯磨き粉の使用は虫歯の原因を解消してくれる「原因解決型の対処法」と言えるのです。

 

burian_botan
無添加で安全な歯磨き粉を使いたい方にお勧め!

 
※大人用ブリアンは近日発売予定です。


PAGE TOP